2009 グルメ初め・・

 

ホンダカラーでもある「トリコロールカラー」多くの機種にも、用いられています・・僕のバイクにも

この三つの色には、それぞれの意味が込められているんです、青色は自由・・ 白色は平等・・

 そして赤色は博愛を・・ ホンダもバイクを乗る人々にも・・この色の願いを込めているんでしょう。

名四国道から・・
 

毎回の如く・・いつも走っている道を行きます・・「名四国道(R23)」を走って行き、川越を過ぎて桑名に入ってから

国道258号線に曲がって大垣方面に・・「道の駅・月見の里南濃」を過ぎた辺りで、右折し標識に沿っていきます

それにしてもいい天気でしょ〜 空の青さを見てもらったら判ると思います・・ただ写真では寒さが伝わりませんが

突き刺さるような・・風を切りながら走っても、今日の日差しは少し暖かさを手伝ってくれる・・ツーリング日和です!


千代保稲荷神社・・
   
   

岐阜県海津郡平田町のお千代保稲荷。「おちょぼさん」の呼び名で親しまれ・・伏見稲荷(京都)、豊川稲荷(愛知)と並んで

日本三大稲荷の一つとして知られていています・・お正月や月末は、商売繁盛・家内安全を願う参拝客で大変賑わいます!

今日も、多くの車が・・神社に近ずくにつれ渋滞になってきて駐車場も満車の所がチラホラ・・僕はバイクだから関係ないか!


グルメ通り・・
    
    

大鳥居をくぐって参拝道に入ったら・・そこはもう「グルメ通り」です・多くの出店と商店の賑わいで、イイ匂いが参道に立ち込めています。

名物の「どて焼き・・」と、草もちの「大福屋」は外せません!・・が、どて焼きを食べると「ビール」が飲みたくなってしまうのが難ですね?

もちろん飲みませんが・・持っていたペットボトルの「おーぃお茶」の一気飲みで我慢です (今度は誰かに乗っけてもらって来ようかな?)


稲荷さん・・
   

社殿の入口では、お供え用の「藁に通された三角の油揚げ」と「お燈明場のロウソク」が30円で売られています。

まずは、お燈明場石段を上がって心を洗ってロウソクに火を灯して願います・・次に、精霊殿におあげを供えたら、

お賽銭を投げて参拝致します・・今日も多くの参拝者の後ろの方で「お狐さん」が見守ってくれていました「コン!」


【 注 】・・・お供えの油揚げはお狐さんとは関係なく【 イナリのナリは、物や生命を生み出す神 】のことで、農業や商売繁盛に関係があるそうです。

   

参拝が済んだら、流れるように精霊殿の右側へ

そこには、「重軽石」が・・あります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〜1.)まず、石を持ち上げる・・

〜2.)願い事が叶うなら・・軽く又は重く上がってと念じる

〜3.)再び石を持ち上げて・・その重さによって、その願いを占う

〜4.)思いの通り軽く(重く)感じたら、願いがかなう・・・らしい?


    

商売繁盛・家内安全のご利益がある神社・・これを買って大儲けが実現するのも間近

大きければ、大きいほど・効果があるってお店の人は言うけれど!ホンマかいな〜?

でも昨年からの不景気で、これを買って行く人が後を絶たないくらいの盛況でしたよ〜


川魚料理 【 やまと本店 】
  
  
  


◆ 岐阜県 海津市 平田町須脇お千代保稲荷◆


◆ 【電話番号】  0584−66−2112(代) ◆


◆ 【年中無休】   AM 10:30 〜 PM 7:00 ◆



「おちょぼさん」の 極め付けのグルメは、川魚料理であるナマズの蒲焼です!

ここ「やまと・本店」は大正五年の老舗店であの【 秋篠宮殿下】も、食しました

由緒あるお店!、心を清くして僕も頂きました・・お味の方は「タレ」が強すぎて

魚自身の味は判りずらかったです・しぃーて言えば、鰻にも思える 白身の魚?


お千代保グルメ・・恐るべし
    

大鳥居の際まで、出店が陣取っていて・・まさに「グルメ・ストリート」の、おちょぼさんでした。

最後まで、天気も上々寒さ知らずの・ポカポカ陽気で一日を過ごせて「千代保稲荷」に感謝!



今年の食べ初めは・・お千代保ストリートで!

next

back