松阪の旨いもん・・

 

今年も、あと数日で終わろうとしています・・色んな事があった一年だが、

何と言ってもガソリン(原油)価格の高騰で車だけじゃ無く色んな方面に

影響を及ぼして・流通業界の運送業界や、食の漁業関係の燃料問題で

操業するほど赤字になる問題が・・それも今はガソリン価格が一リットル

100円台で流通していて、地域によっては90円台にもなっている現状〜

これでガソリン問題が落ち着いたと思っている矢先、もっと大きな世界の

問題が勃発して・どうもうまくいかないですね! 今からは我慢の時代に

なって戦いが始まる・・その前に、腹ごしらえで行ってきます「松阪に・・」

今回も・・たった1枚で
 

前回のレポと同様の、あっ!という間の現地到着です・・

実際のところ国道23号線を40Kmほど走っていく距離

まさにアッと言う間ですネ・・ひとまずは、スタート地点の

松阪駅の前で記念写真を一枚とってから、いざ出発〜!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日のミッション

ファイル No:1 = たこ焼きじゃ無い牛たこ焼き?を食せよ

ファイル No:2 = お肉じゃありえな〜ぃ 松阪牛アイスを

ファイル No:3 = 正真正銘の松阪牛・・牛丼を堪能せよ!


たこ焼き・・と、言う名の

「 牛たこ焼き 」(松阪牛焼き)

  
  
  


◆ 【 住所 】 三重県松阪市本町2168−1 ◆


◆ 【電話番号】     0598−26−6455 ◆


◆ 【木曜・定休日】  AM 11:00〜PM 9:00 ◆



松阪駅からバイクで走る事・数分で到着・・大通りから外れた場所で

お店は至って普通のお好み焼き・鉄板焼きのお店です・・その中に、

このアイデア・メニューがあるという感じ・・店内には、多くお客さんが

居ましたが「牛たこ焼き」を食べているのは、この僕だけでしたけどね

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

一見・・普通の様に見える「たこ焼き」実は、この中に入っているのは

たこ、じゃ無く肉なんですよ〜・・それも「松阪牛」の肉で思いのほか

たくさん入っていて、チョット豪華な「たこ焼き」とでも言いましょか?

味の方は、意外な割にマッチしていて・・柔かい「松阪肉」が旨い!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この次は、ミッションファイル No 2 「松阪牛・アイス」に行きます。


アンマッチ・・
 

松阪牛からは、どういっても繋がらないとは思う・・「松阪牛アイス?」

これもTV番組でリサーチして・そのお店の「松治郎の舗」に到着して

そしてお店の人に伺うと「あーそれ! 今はやっていないんですよ〜」

季節ごとのアイスはやっているが今は無いと?そうして話していると

「松阪農業公園ベルファーム」に松阪牛ジェラートがあるって言う事を

聞きだしました・・また、今度はそっちをターゲットに行ってみる事に!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今の時刻は12時半・・この時間に牛丼を食べに行くと行列必至です

行列緩和の為に・少しの時間差を作って、松阪散策でもいたしましょ


今も昔も・・
 
  
   
   

松阪が生んだ偉大な国学者の本居宜長・・医者でありながら文学に功績を残した人

日本最古の歴史書『古事記』を研究し、35年をかけて『古事記伝』44巻 をも執筆・・・


本居宜長記念館


「鈴屋(すずのや)」・・
   

宜長の祖父が隠居所とした建物で・・父が没後、ここに移住し医者・国学者として生涯をすごした住居です。


「桜松閣」・・
   

本居宜長


松阪城跡・・
  

1588年に蒲生氏郷によって築城された・・今現在は建造物はなく豪荘な石垣が残っているだけなんですが、

春には桜の名所でもあり、松阪公園として市民には憩いの場として親しまれていて・・上からの眺望もぐぅ〜


御城番屋敷・・
  
  

槙垣と石畳をはさんで静かな空間・・ここに入って過去の歴史を体感しましょうか? ここは江戸末期に

旧紀州藩士が松阪城警護のため家族と共に移り住んだ武家屋敷です・・このような組長屋は全国でも

大変珍しく、「類例の少ない近世武士の長屋建築」として保存され、今も人々の暮しが営まれています

平成20年10月から3年間補修工事により一般公開休止中ですが、隣接している土倉にて展示開催中。


生家・・
 

本居宣長旧宅跡・・旧宅移築後も宣長が愛した庭の松が現在も残されています。

 所在地・・松阪市魚町1645  昭和28年3月31日に国特別史蹟指定されました。


本場の味・・

松阪牛を嗜むには敷居が高すぎる牛銀・本店の駐車場に来ました

本日の司令最終章の、正真正銘の本場・松阪牛の肉を頂きます!



創業明治三十五年の老舗店「牛鍋」という言葉もまだ新鮮な時代に

「牛鍋と牛めし一銭五厘の牛ぎん」の口上でのれんをかかげてから、

今尚この三重県松阪の名品である「松阪肉」を提供し続けています


牛銀・本店のお隣の 「洋食屋・牛銀」です
   
   
 メニュー  


◆ 【 住所 】 三重県松阪市魚町一丁目(牛銀本店隣) ◆


◆ 【電話番号】 0598−26−7023 【不定休日】 ◆


◆ 【営業時間】 AM11:00〜PM8:00 (OS PM7:00) ◆



すき焼き・しゃぶしゃぶを頂くのは本店の方ですが・・こちらの「洋食屋・牛銀」は

この僕でも安心して入れる価格設定のメニューがたくさん・・オムライスやかつ丼

ハヤシライスや定食なども・・その代り「ビーフステーキ」は別格の価格でしたよ。

僕の注文は・・牛丼【並】牛丼の他、赤だしと漬物もついて800円の安心価格!

モチロン松阪肉で大ぶりの大きさで柔らか〜・これが本物のお肉なんですね〜ぇ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これにて本日の任務終了〜・・松阪牛アイスは不発でしたが、次の機会と言う事で


上の・メニューの写真をクリックしたら「ビーフステーキ」や「牛丼・かつ丼」等の値段の方が確認できます


帰りには・・
 

写真を見ても判るように、今日一日はとってもいい天気・・風も強くなく

走っていても、日差しを浴びるジャケットが暖かさを感じるほどでした!

こんな日は、やっぱりツーリング日和? いいえ松阪グルメ日和です!



ヤッパリ・・松阪ブランドには、最敬礼〜!

next

back