丹後半島ツーリング



クッキーパパさんの古民家

【 サロン・くるみ谷 】に、集合〜ぅ!


話は去年バイク友達との忘年会で始まった「クッキーパパ」が、

丹後半島の古民家を買ってリフォームしたとの事・冬は雪で無理なので

春になってから、皆で集ろうと話しが進んでいって今回のツーリングとなりました。

時は、3月31日(土)に・・場所・京都府与謝郡伊根町の道の駅「舟屋の里」・・12時に集合!

いつもの、コースで・・
   
    

丹後半島までの道のりは、約300Km位です

朝早くの出発で・前の日には荷物とバイクの準備を

済ませていた為、あわてることなく・スムーズに自宅を出発し、

いつもの道・まずは琵琶湖大橋まで、走り馴れた道を、肌寒い風を受けて・・・

自然の爪あと・・
  

琵琶湖大橋を渡って【国道・367号線】(通称・鯖街道)で

小浜方面に向います・・途中朽木村では、去年の大雨災害の為

国道が遮断(土砂崩れ)された箇所があります。 こうやって見ますと

自然の恐さがシミジミと感じます・・この修復は費用の関係で、まだだそうです。

赤レンガ倉庫郡!
  

舞鶴は、北海道ツーで毎年フェリーの利用で来ていますが

赤レンガ倉庫郡には気付きませんでした・どうも勉強不足でした!

この倉庫郡は明治・大正時代を通じて旧日本海軍によって建てられたそうで



現在・・この建物は「赤レンガ博物館」として活用されています。

日本三景のひとつ・・天橋立です
  
  
   
   

天橋立公園・智恩寺側に、到着しました。 小天橋の所には通行可能車輛の明示板が

どうやら125cc以下のバイクの走行はOKですが!ビックバイクは「走行・NG」みたいですね・・

そして天橋立運河は船が通過する時には、歩行者を通行止めにして橋を旋廻させてから船を行かします。

丁度行った時がそのタイミングでした・・ラッキー! 足止めされた他の観光客も、その動向を写真に収めていました

伊根の舟屋
   
   

天橋立といえば、傘松公園での・・股のぞきなんですが!

集合時間に間に合わないので明日にでも・・そして伊根湾に

さしかかってきて舟屋の家並みが・・伊根湾の地形がそのままに

バイクを止めてチョット失礼! 黙って舟屋の裏側を拝見させてもらい

駐車場ならぬ、駐舟場ですネ!

舟屋とは・・伊根町独特・住居の一部に小舟を格納できる「船小屋」の事です。

集合場所-道の駅「舟屋の里
  
 
  
 

ここ舟屋の里は、伊根湾の高台にあって

「伊根の舟屋」を一望出来る様になっています

上からの風景もイイですね〜そして・NHK連続テレビ小説

【 ええにょぼ 】のロケ地として撮影されたところでもあります・・


注・・「ええにょぼ」とは、丹後地方の方言で「美人」を意味する言葉です!

  

ここ道の駅の「レストラン・舟屋」で、お昼を頂きました。

地元の漁港で朝水揚げされた「旬の魚」を姿づくりで出す定食が

人気です、季節によって漁模様でメニューが決まり、伊根の味が味わえます

でも、僕は「やまかけ丼」にしました・トロロの下には?ハマチの刺身が・・・「 まぃぅ〜!」

宇川温泉
   
   
 

くるみ谷に行く前に、温泉に立ち寄ります風情ある旅館のような趣を見せる

【 宇川温泉・よし野の里 】自然木づくしの内湯や竹林を望む露天風呂などがあって

デザイン性に富んだ個性ある温泉です。みんなで露天風呂に浸かり楽しい話はつきません・・

のぼせない程度にネ!お風呂上りの、チメタ〜ィ・・お茶を飲んでで体を引き締めてから・・出発〜っ!

屏風岩
  

再度・バイクを走らせて、シーサイドビューを眺めながら・・

丹後の海沿いの「 ワインディング‐ロード 」バイクを右へと左へと

倒しながら楽しんでいる! 今・僕の体はバイクに身を預けた申し子に

自然の中の「点・・」でしかない、ライダーならではの快感を味わっています!

地球が丸く感じられる海と「屏風岩」を見て小休止してからサロン・くるみ谷へGo〜!

クッキーパパの「サロン・くるみ谷」到着・・
  
    
    

京丹後市弥栄町の古民家「サロンくるみ谷(クッキーパパ邸)」に、到着しました。

すごく綺麗にされていて、いい空間に入り込みました!暖炉の温かくて柔らかい炎のお迎えで、

気を使わない(気兼ねをしない)仲間との時間との共有が心地良い・お酒を飲まなくても、良い気分になれる

でも・・今日は、お酒をイッパイ飲んで・止まった時間の中を、夜通し・・皆んなで楽しみましょ〜う!

また逢いましょう〜!
  
 

「うっ・・!」あ・ぁ・頭が痛い〜 昨日のお酒がまだ頭の中に残っています

でも朝の散歩は、清々しい気分です・・冷たい空気で目を覚まして「朝のコーヒー」で

脳細胞を起こして・体にスィッチを入れます! クッキーパパさん、二日間どうもアリガトウ〜!

そして・それぞれに分散して帰路につきます・・僕は、このままソロで・色々と観光地を周るつもりです!

経ヶ岬・灯台 
   
   

ここ経ヶ岬・灯台は丹後半島の一番端っこの、最北端です。

と・いう事は、【 近畿地方最北端 】になるんですよね!駐車場に着いて

周りを見渡しても灯台が見当たらない??説明の看板を見たら「左側を見て下さい・・」

駐車場の左側遥か彼方にポツリと灯台の頭が見えました・・ゲェ〜! あんなとこまで行くの〜?

灯台まで400mなんですがこの急な山道の400mはたまりませんがここまで来たんですから、行くっきゃない!

傘松公園(股のぞき)
  
 
  
 

丹後半島を周りきって、

昨日行けなかった傘松公園へ 

そう!天橋立の(股のぞき)ですね、

リフトで頂上に行って見ました。一緒にいた

外人さんも同じ様に股のぞきで楽しんでいました

「 Oh〜Year・・〜!」だってさ!

酒呑童子の里
    
鬼瓦   
鬼瓦  鬼瓦 
  

宮津市から府道を走って酒呑童子の里へ行きます

「日本の鬼の交流博物館」の「大江山平成の大鬼」です。

高さ5m、重さ10tの巨大鬼瓦鬼瓦を130のパーツに分け、全国

8ブロックの産地でそれぞれの鬼師(鬼瓦製作者)がそこの土を使い、

そこの方法で焼き上げ、それを大江山の麓へ持ち寄り組み上げるという

全国でも例を見ない試みにより完成しました。おっ!マンホールまでも鬼でした・・

舞鶴港・とれとれセンター
  
  
  
  

北近畿丹後鉄道・大江駅付近の食堂で、【鬼そば】を食べる予定だったが

お店は御休みだったので、少し時間をずらして帰り道の「道の駅」で頂く事にして

海鮮市場内では店頭前のカニや魚介類がイッパイです! 威勢のいい掛け声が飛び交い

凄く活気づいて・市場内の数箇所にテーブルが置かれていてお店の魚介を注文・調理をしてもらい、

その場で食せるスタイル・・新鮮をすぐに頂けるんですね! 市場もお店もお客さんも・・すべて熱気ムンムンで!

海上自衛隊
  
 
 

国道を走っていて「舞鶴地方隊」の敷地内に

普通の人(見学)がいっぱい入っているのを発見!

入り口に行って明示版を見ると、土日は見学OKと書かれ

僕もチョコッと入ってみました。 これで、皆んなを守っているんですか〜?

今日の晩ご飯です
  

これで・すべての行程を終えて帰ります

帰りも【国道・367号線】(通称・鯖街道)で

道の駅で、名物の鯖寿司を買って今日の晩ご飯に

二日間にわたっての「丹後半島ツーリング」楽しみました!


一泊二日で、見所イッパイでした!

next

back