高ソメキャンプ

2012 -07 - 21


ひとまず出発・・

無性に出掛けたくなる時がある、もちろんキャンプ行きたい時も・・その一つの状態でもある

天気予報では、あまり良い事を言っていない様子でも・・抑える事が出来ない時が今なのだ!

 
キャンプ道具を車に詰め込み、若干の天気の回復を心の中に含ませて・・自宅を出発したが

自分の期待に反して、天気の状態は今尚「曇りのち、時々雨」で・・高速道路を淡々と進行中

姫街道・・


ゆるキャラが流行の昨今、このSAでも登場・・
   

伊那から権兵衛トンネルを抜けて・・


中央自動車道「伊那インター・下車」・・そこからは西に向かって、一昔は「酷道」とも言われた権兵衛峠越え

冬期は通行止・落石等でも通行NG・道幅が狭く車のすれ違いも難しい・・そんな道にトンネンルが開通して

今となっては、伊那から木曽とを結ぶ・・・とても便利な主要道路(国道361号線)に変身したんです。

 

国道361号線から国道19号線にスィッチして2Km程走って「薮原(やぶはら)」から県道へ・・

時折クネクネの道、そのまま道なりに走ってキャンプ場へと走って行くが・・天気は雨のち曇り!?

高ソメキャンプ場・・


高ソメキャンプ場

TEL 0263-79-2919

【定休日】   定休日:水曜日

(GW・7/14〜8/31営業致します。)

チェックイン9時  チェックアウト15時

【所在地】  長野県松本市奈川 2212-16


悪天候の設営・・

キャンプ場に着いても、雨で時には激しく叩きつける酷さで・・少しの間は行動を躊躇して治まるのを待ちます。

一応〜合羽の準備もしていたので、小降りになったのを見計らって一気に「リビング・シェル」の設営を敢行・・

  
結果論ですが・・やはり躊躇せず一気に行動して、濡れた服は着替えてしまえばOKだと・・

ひとまず安心・・


土砂降りの闘いから、一変して湖畔の寛ぎタイムに変って・・やっとキャンプらしいシチュエーション!?

テント内から見る風景と、しとしと降る雨の囁きもイイ気分にしてくれます・・下界からは味わえない様な

自然のクーラーで、コーヒータイムも楽しいです・・

 
 

陽も暮れ始めて・・


当初の慌ただしさも、時間と共に忘れ去られ・・段々と明るさも減少して生き・・夜の部へと

   

暗くなる前には晩ご飯の準備は済ませて、ユックリと時間をかけてお肉を焼いたりして頂きます。


焚き火・・


これぞ、キャンプのメインイベント

ゆらゆらと炎が、大きくなったり・小さくなったりする「焚き火」静かに見る炎は何かを教えてくれる?

早朝の散歩・・

これも、日常生活ではありえない事ですネ・・昨夜も焚火で遅くまで楽しんでいたのに、キャンプに来ると?

何故か早起きになってしまう、これは楽しい時間を最大限に使おうと言う自然の心理なのかも知れません!

   
   
目覚めは午前の5時過ぎです、湖面がガラスの様に「ピーン」って張り詰めてて・・物音一つで湖面が揺らぎそうな緊張の時

そして遠くから聞こえてくる鳥の鳴き声で一日のスタートを知らせてくれました・・まずは体の鼓動を徐々に上げる為に散歩を

ブレックファースト・・


一周何メートルでしょうか? テントサイト帰って来た時には、体も活性しており良い気持ち!

人間の体調管理の重要性を持つ「朝食」は、医学界でも朝食の是非が問われていますが・・

そんな話は、ほっといて・・美味しいコーヒーと「スクランブルエッグ・サラダ」を頂だきま〜す。

   

静かな時間・・


朝食後も、椅子に座ってリラックス・・時間も気にせずユックリと湖面を見る

白樺林の隙間から流れる涼しげな風も、静かな湖面に波紋を描き・・

何かの絵の様に、僕の目を楽しませているみたいでした。

2012 避暑


   

next

top

back