孫太郎キャンプ

2012 -05 - 19


イッパイの荷物です・・

今までは、バイクでの「キャンプ・ツーリング」が主体で楽しんでいましたが・・ふとした事から大型テントに手を出して

気が付けばテントならぬ、寛ぎ空間のテントを購入〜買ったら使いたいのが人間の心情です・・ならば実践行動を!

    
車の荷台にはイッパイのキャンプ道具・・バイクならこれの「三分の一」の量で済むんなんだけどね〜実際は!?

サイトの選択・・

キャンプ地は「孫太郎オートキャンプ」へと・・20年程前の「空前のキャンプブーム」

この時期は、予約を取るのも大変だった超人気キャンプ場だったのを覚えています

そして時が流れて、本当にキャンプが好きな人だけが集まる様になった・今ですが
受付を済ませてから、まずはサイトの選択を・・海に面した最前列の(電源付きも有り)個別サイト

海沿いのAサイトより道路を挟んで2列目の個別サイト・山側の個別サイト・そして、フリーサイトが

まずは設営・・

場内を歩いて、各サイトの視点から選んだのは「オーシャンビュー」で寛げる・・海に面したAサイトに

場所も決まって大型シェルの設営を・・初めての事ですので「説明書」片手に四苦八苦で完了〜
   
  
ひとまず、日除けが出来たのを記念して缶ビールで「乾杯」です・・その後は就寝用のテント設営して

キッチン周りの物や焚火道具等も準備していき、キャンプボルテージを・・ドンドンと上げていきます。

のんびり・・

全ての準備も終わった後は・・

食事まで、もぅ〜何にもしない
孫太郎オートキャンプ場

TEL 0597-47-5371

【所在地】  三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島浅間


ひと段落したら・・

夕暮れ前にキャンプ場を散策・・海が目の前で、気持ちの良い潮風も後押しをしてくれて「ぶらぶら」歩きます。

   
   
   
晩ご飯の食材は? 地の物の恵みと言ったら、もちろん「海鮮物」ですよね〜そして新鮮な野菜も一緒に「イート」

キャンプの醍醐味・・


全ての事を終えて待っていたのは? 何も語らず、炎を見つめる「焚火」贅沢な時間です。

焚火の時って何を考えているんだろうかと? 後になっても判らない、思い出せない 時間

でも黙って無言で炎を見てる時は物凄く充実しているし、心も安らぎ「心地良い」気分に!

朝を迎えて・・


おはようございま〜す!

年寄りは、早起きで御座います。

「早起きは三文の得」午前5時過ぎの起床でございます

   
   
   

場内を散歩・・

もちろん誰一人もいない

とても静かです・・全て一人占めの風景!


お昼も過ぎて・・


今回のキャンプ・・「期間限定のお得プラン」で普段の同じ料金

チェックアウトが午後の3時で良いと言うので、

お昼御飯まで滞在させていただき・・昼食は?やはり海鮮丼!

  
のんびりまったりプラン


【チェックイン時間】 通常 午後2時 → 朝9時 

【チェックアウト時間】 正午12時 → 午後3時



珍客到来・・


昼食後の珍事です・・

なにか遠くに見える物体は?

当初は誰かがコッチを見ていると思って

よく見たら、野生の鹿・・それも多くの「親子連れ」で

 

撤収・・


感想っていうのも変ですが、キャンプって「楽し〜ぃ」


撤収していても苦にはならず、また今度来ようって思える2日間でした

僕自身も大人になったのかネ、昔はがむしゃらに行っていたキャンプ

「あれやって、こうして・・これもしなくちゃ」そんなキャンプだったけど?

今は、何もせずノンビリと過ごし・・コーヒー飲んだり景色を見たりして

これが本来のキャンプスタイルなのかな? ・・って、思う僕でした?!


   

next

top

back