日本一を見ながら・・ソロキャンプ?


前回の新潟県の「スノーピーク・キャンプ」・・そして前々回の富山県のキャンプも、雨に祟られて

キャンプの楽しみとしては、不完全燃焼の気持ちで帰路に発っていました・・それを払拭する為

これぞキャンプだ・・っと言う所に行って、少し燻ぶっている気分を思いっ切り発散させてきました

突然ですが・・
 
 

今迄 ETC装着車の恩恵を受けていた高速道路料金も6/19で「上限千円」が終了〜

残すところ、あと三回のチャンスです・・週間天気予報も上々なので 急遽キャンプ実行

静岡名物・・
 

いつもの様に、みえ川越(伊勢湾岸道)〜東名高速を富士インターまで走って行きます。

ガソリン給油とトイレ休憩で入って行く 「PA・SA」では、その地の名産物が並んでいて

古くから有名な土産の「安倍川もち」や新たな味覚を開発している「しずおかコーラー」


清水インターを過ぎ「興津トンネル」を抜けると目の前に現われたのが霊峰「富士山」

これは静岡名物じゃ無くて、日本が誇る日本一高い山・・この山を見て「ほぉ〜」って

そう思うのは、ヤッパリ日本人なんだからでしょうか? 心が落ち着く様な気分にも!

インターを降りたら無料化道路・・

国道139号線を平行に走って行き富士宮市【駅】近くまで続いている西富士道路です。

約 5Kmほどのバイパス的道路・・ここも有料道路なんですが、無料化社会実験路線で

やはり6月19日で終了となる路線です、今日初めて走る道路も 一回で有料に戻ります


富士宮やきそば・・
 

西富士道路を経て富士宮駅に・・するとオレンジ色の幟が商店街の道を連なっていていました

そう〜この富士宮市の経済効果の活性を促進させている「富士宮やきそば」の目印なんです。

日本全国では、その土地の美味しい物・・そして気軽な(お手軽な)価格で僕達庶民に提供し

年に一度、御当地グルメを競い合う・・グルメの祭典「B-1グランプリ」が開催されていますね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その第一回と、第二回を制したのが・・

この「富士宮やきそば」なんです

【 富士宮焼きそばの定義 】

〜1)専用の麺を使用する

〜2)油かす(富士宮では「肉かす」と呼ぶ)を使用する

〜3)仕上げに削り粉(サバやイワシの削り粉)をふりかける


白糸の滝・・
  

ここには40年前に来ています・・僕の中学校時代の修学旅行のコースに入っていた「白糸の滝」もちろん全然記憶には無いです。

バイクで日本中を周っていて感じる事は?有名な風景や 名勝(名所)は、限りなく手の加えていられないのが一番だと思います!

中学生の時に見た「白糸の滝・・」そして50歳を過ぎてから、ここを訪れて見る「白糸の滝・・」は・・どちらも同じ滝なんでしょうか?

滝から出るマイナスイオンってとっても気持ち良いですね〜昔ってこんなにも気持ちイイって感じなかったなぁ〜滝も成長しているネ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここから途中の大型スーパーに寄って、本日の食材(酒も含む)を買い・・キャンプ場に直行です

キャンプフィールド〜 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
其の一・・ 到着編
  

白糸の滝からは10Kmも離れていなくて途中の国道沿いは「まかいの牧場」や「もちや遊園地」が・・周りの風景も

アウトドアー色に変化して行きます・・そして午後3時には「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」に無事到着しました。

其の二・・ 設営編
  

ソロキャンプで富士山を楽しむ為・・事前にキャンプ場のHPで富士がよく見える「 I サイト」もリサーチしてに来たのに・・

何故が「富士山が見えない?」 白糸の滝までは晴れていた天気も、こちらに来る途中からは「曇天・・」へと変わって

どの方向に現われるのかも判らず、ひとまずテントとタープの設営を済ませます・・バイクも横付けで 準備完了〜です。

其の三・・ ひと息編
  

するべき事を済ませて、ひと段落しました・・まずはビールで「乾杯〜」この瞬間がたまらないですね〜喉が潤ってから

夕食の準備に取り掛かり、ノンビリとした「ソロ・キャンプ」を楽しみます・・すると犬を連れたキャンパーさんが近くに来て

「 occhan さんですか? 」・・お声をかけて来たのは、スノピーククラブのメンバーの方でした。

今日〜ここに来てキャンプをする事を「スノピーククラブ」の掲示板にアップしていたので、こちらに訪問してくれました!

其の四・・ 焚き火編
  

その後一度自分のテントで寛いでから夕食の準備をして・・今夜のディナーは、お友達のサイトで一緒させてもらいます

そして僕は、焚き火の準備はしていなかったので「焚き火」も一緒に楽しんで・・歓談の話はもちろんキャンプの事です!

お互いソロキャンパーで来て現地で行う 「ミニ・オフ会」も良いですね〜とても充実した夜を過ごせた事に感謝です

朝焼けの富士・・

朝4時30分の「富士山」です・・キャンプの朝は早く目覚めるのも定番

うっすらと紅色を覆うって、目覚める勇士は・まさに「日本一」ですね!

今回のキャンプの テーマでもある「富士山を眺めながら・・まったり」を

朝の・・ひととき
 

起きてからはキャンプ場の早朝散歩で寝ている体を起こします・・まだ他の人達は眠りの中に居るので、

静かに散策を自分のサイトからお隣のイベント広場に行って、さきほどとは違った「富士山」もお目見え!

30分ほどの散歩から戻ってきて「モーニングコーヒー」を飲んだら、今日の一日の活動が始まりま〜す。

そして・・朝食
 

太陽の光が強くならないうちに「ブレックファースト」の準備に取り掛かります〜本日のメニューは?

朝食の定番「スクランブルエッグ」そして「ベーコン」を焼いてから・・ロールパンに挟んで頂きました。

柔らかい日差しの下で、本等を読みながら・・お喋りを交えてオープンエアーでマッタリ感も絶好調〜

撤収〜・・
   

ここ数回行ったキャンプは、翌朝の天気は「雨&大雨」にやられています・・ですが、今回のキャンプでは気持ちの良い「晴天」でのスタートです。

持ってきた道具も濡れずに慌てる事無く順番に片ずけられ、一番良いと感じるのは? それはテントやタープが太陽の光で自然乾燥出来る事!

帰りも高速走行・・
 

帰りも西富士道路〜東名高速を走って行きます・・本当の予定では富士山周りを走り

御殿場から帰ろうとも考えましたが、朝の富士山を拝んでからは時間が経つに連れて

あの勇士は雲の中に消えていってしまったので・・寄り道もせずに、このまま帰ります。

たまには・・
 

荷物の制限を要するバイクでは、帰りも荷物満載・・お土産購入にも制限が有ります。

冷凍品や生物はNG・又こわれ物も持って帰れません〜そうすると御土産購入の枠が

必然的に限られてしまいます・・結局は、妥当な お土産に成って「お菓子」で決まり!


富士を見ながら、ノンビリと・・感無量〜

next

back