その手は桑名の「・・・ツーリング」


当初の計画では(2/5)に行く予定だった 「グルメツーリング」 僕の体調不良で延期になってしまい

この3月に変更になりました・・2月に比べれば日も暖かくて、バイクでも走りやすい時期で好都合!

久々の、原付きツーリング
 
 

前回(2月)であればオフ車で行く「グルメツーリング」だったが、友人がモンキー購入したという事で

急遽〜「原チャリ・グルメツーリング」と命名しまして、この僕もスーパーカブでの参戦となりました。

駐輪場からカブを出した時のバイクの陰も「ハッキリ」と映しだされるほど・・日差しも強い良い天気

国道23号線をキープレフトで走って行くと、四日市の象徴のコンビナートも青空に際だっています。


J R 四日市駅前集合・・
  

僕の自宅と、四日市はお隣の町(市)なので・・ユックリ走っても1時間はかかりません。

AM9時過ぎに自宅を出て裏道や街道筋を散策しながら・・時折カメラに風景を収め到着

駅前に行くと ポツンと置かれているバイク? まだ10時前でしたが、友人は到着してて

そして何処から見ても 「キンキラキン・・の」  友人と新品のモンキーの品評会を開催?

国道を避けて「東海道で・・」
  

本日の目的地は? これまた四日市のお隣の桑名なのでノンビリツーリング・・国道1号線を走って行っても良いのですが

「原チャリ」の良さを活用して「東海道」の道筋をゆっくり走ってい行きます・・昔の旅人が辿って行くように街道を楽しんで!


桑名観光・・「其の一」
  

桑名観光の一つ目、はまぐりと肩を並べられる程の名所「七里の渡し」です・・この七里の渡しは東海道における唯一の海上路

昔の人はこれに乗って海上を渡ったんですネ! そしてその移動距離は? 名称の七里と表されている様に約28Kmでした。

今の時代だったら、エンジン付きの船で一瞬にして海上移動が出来ますが・当時の所要時間は 約4時間もかかったそうです!

* * * * * * * *

時間調整では無いですが「七里の渡し」を見え終えた所で・今日のグルメの開店時間が近ずいてきたのでお店に向かいます。

うどん 川市
 
 
 

開店前でしたが、お店の中から・・「どうぞ〜もう少しですから、入って下さ〜ぃ・・」

チョットした事ですけど、気持ちの良い対応を受けてから・・バイクを停めて 店内に

表からは想像がつきませんでしたが、お店の間口は狭いですけど中は縦長の造り

入口のテーブル席を過ぎてから、更に奥の方に・座敷席もあり靴を脱いで食事を!

−−−−−

注文したのは、蛤鍋うどんと蛤天むすのセットの「はまぐり道中」出汁の選択も出来

今回は蛤の味を楽しむ為に「すましを選択」 透き通った出汁からプリプリの身が!



◆ 【所在地】 三重県 桑名市 川口町 32  ◆ 

◆ 【営業時間】11:30〜.14:00 17:00〜.21:00 

◆ 【定休日】火曜日   ◆ 【TEL】059-422-1709

桑名観光・・「其の二」
 
 
 

観光スポット「其の二」は、桑名の名所でもある「六華苑」です・・この建物は・・山林王として知られた実業家

「二代目諸戸清六」の新居として大正2年に完成・・和洋の様式が調和した建物は国の重要文化財にも指定


 
 

ここで色んな解説を書くより・・「六華苑」に行ってもらって、ここの素晴らしさを見てもらった方が良いのかも?


ミニ東海道・・
  

旧東海道を走って、春日神社を過ぎてからの場所・・旧三の丸堀の脇に「ミニ東海道」の公園があります。

東海道五十三次をモチーフにした散策路で・・江戸の日本橋から富士山、宮・桑名、三条大橋まであって

時間にして2〜3分で東海道を制覇・・現実的じゃない気分だけでも・・昔の様に味わえたかも知れません


プチデザート・・
  

食後のデザートには「アイス饅頭」これも桑名名物の一つです・・市内には多くのお店も有りますが

友人の勧めでこのお店「マルマン」へ・・今日の暖かい日には、ちょうど良い冷たさで・・お口も満足


日本一やかましい祭・・
 
 
 

「マルマン」のお店の真ん前にある「石取会館」・・日本一やかましい祭として毎年8月に行われる「石取祭」の展示施設

館内に入ると目の前に「ドーン」っと、漆仕上げの祭車が展示されていて・・あまりの大きさと豪華絢爛にビックリしました

高山祭をも思わせる程の祭車・・そして石取祭の歴史や石取祭車の構造・飾金具・染織品の解説パネルも展示されてて

その中でも一番奥にある「お囃子体験コーナー」では、鉦(かね)と太鼓を使い自分の手で鳴らす事が出来き楽しめます。


三時のオヤツは・・?
  

「石取会館」を見え終えたのが2時過ぎで本日のミッションは終了・・ここからの帰り道で「もひとつ」行きましょうかと?

友人の提案で、桑名から戻る方向のお好み焼き屋さんで「三時のオヤツ」を頂きました・・下町にポツンと有るお店で、

僕が子供の頃、近所によくあった駄菓子屋さんの雰囲気ですね・・暖簾を外せば普通の家って言う感じの庶民的な店

お店に入ったら、大きな鉄板で 多くの「お好み焼き」を焼いていて・・良い匂いが食欲をそそり、小腹に入っていきます

おやつには丁度いい「お好み焼き」 子供が小銭を握って入ってきそうな・・そんな昭和の雰囲気を持った「まるしん・・」



桑名グルメと名所に満足!

next

back