ツーレポ


ともやまキャンプ・・


11月の声を聞く頃になると、気になるグルメが・・鳥羽(浦村)の方から風の便りで聞こえてくる。

その食材の「牡蠣」が食べれる季節が11月の、この時期なんですブランドの的矢も有名ですが

価格的に庶民的な「浦村牡蠣」は僕達のグルメ三昧の手助けをしてくれる味方のブランドです!

どちらで行く・・
 

部屋に入って2台のバイクを見て思う・・CBR をキャンプに連れていきたいんだけどねぇ〜!

まだキャリアを付けていないもんだから無理で・・やっぱりどこでもOKのオフ車になりました。

早速 荷物の準備・・っと言っても常に同じ物が入っている「ツーリングバック」を乗せるだけ?


通行券・・
  

僕のバイクは「 ETC装着」しているんだけど、今日は一般レーンで通行券を貰って伊勢道を走ります。

その訳とは? 来年の3月まで、この「伊勢自動車道」は無料化社会実験中なので通行料は「タダ・・」

その無料の証しとして「0円の領収書」が貰えるという事で・・それを記念にと今回の作戦に成った訳!


地域限定・・
 

毎回高速道路(自動車道路)を利用する時にPA(SA)で休憩をして売店で「地域限定品」を物色、

その地の名物などをデジカメラに収めています・・伊勢と言えば出てくるのは、ヤッパリ「伊勢えび」

そして「松阪牛せんべい」も有り、プリッツの所を見ると、名古屋の地域限定で「八丁味噌プリッツ」


登茂山キャンプ場・・
  

伊勢自動車道は「伊勢西インター」で降車して鵜方に向かう「県道32号線(伊勢道路)」へ・・

その後は、国道167号線〜260号線で大王崎に・・そこからは英虞湾の入江の高台にある

「志摩市ともやま公園」へ・・公園内の管理所でキャンプ村の利用手続きをして入村完了〜!


ともやま公園

キャンプ村
  
  
  

2年前にも訪れていますので施設内の事は大丈夫・・今回の場所は第2テントサイトの2番スペース

まずは広いサイトの端っこにテントを設営し荷物を降ろしてから一段落、「コーンスープ」でひと休み

このキャンプ場は英虞湾に突き出した半島の先端部高台にあり、とっても静かな落ち着いた環境で

キャンプを楽しめる事が出来ます・・今夜のメイン食材は?モチロン牡蠣です「焼き牡蠣」「蒸し牡蠣」

「牡蠣鍋」と調理は色々と・今夜はダッチオーブンで「蒸し牡蠣」と「炭火焼き牡蠣」とホットウィスキー



三重県志摩市大王町波切2199番地

TEL 0599-72-4636(3725)

予約受付 AM 8:30〜PM 5:00


早朝の散歩・・

はっきりしない天気での スタートですが、朝はヤッパリ気持ちの いいもんです・・

この写真は隣のテントサイト・1番スペースの名古屋の御夫婦さんのテントです。

顔を合わせて、おはようございます・・っとキャンプ場の挨拶は大事ですからね!

英虞湾を一望出来る展望台で朝出港の船も見えて時間の流れもユックリです!


がっつり朝飯・・
 

朝の運動を終えてから、次は朝ご飯の準備・・今日は朝からしっかりと頂きます

本当に大事なのは、朝ご飯をキチンと食べる事なんだとテレビで言ってました!

でも、この「おでん・・」昨夜食べようと思ったけど作るのを忘れていた物なんです

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

食後の後も、ノンビリと時間を過ごして後片ずけ・・弱い日差しの中でテント干し

四季を通じてキャンプをしているので、キャンプ道具の撤収も手慣れたものです


コスモス畑・・
 

帰り道の志摩磯部駅付近で見つけた少し時期がずれている「コスモス畑・・」

道から農道に入ってコスモス観賞を・・これだけの広さのコスモスも久し振り!


鈴木水産・・
  

帰り道と通過時間が・・お昼御飯の時と重なりましたので、毎度の「鈴木水産」で、おまかせ定食を

その後は伊勢道路「玉城インター」から無料区間を利用して高速移動で「津インター」まで帰宅です



ぶらりキャンプも・・良いもんだ!

next

back