ツーレポ


アウトライダー・ミーティング


今年のシルバーウィーク?昨年とは対照的な飛び石休暇・・それでも国民のエネルギーは満ち溢れている

渋滞なんかにも負けないで頑張るお父ちゃんパワーの「家族サービス・・」も、それをしり目に・・この僕は!

バイク雑誌「アウトライダー」のオフィシャルミーティング・今回は志向を変えて日帰りのスケジュールで開催

関東圏と関西圏の中間的な位置の「秋葉神社前キャンプ場」・・その開催日を跨いだキャンプの連泊を敢行

予定変更・・
 

最初の計画は19〜20日のキャンプで準備を進めていた土曜日にネットの掲示板を見たら

数名の友人が、前日の18日に キャンプ場に向かう様子が書かれていたのを発見しました

僕もこの3日間は休日なので、準備していた荷物を積み込んで・・今日〜出発いたします!


休日1000円・・
  

秋葉神社キャンプ場・・前回行っていますのでルートの心配はないですが、一般国道で今の時間から行くには 到着時間が夜になると思い・・

高速も渋滞するかもしれませんが、時間短縮の為伊勢湾岸自動車道から東名高速の「浜松インター」まで休日1000円を利用していきます。

心配していた高速渋滞は、午後からの出発だったので思ったほどの渋滞には遭遇せずいつもの豊田JCTも難なく通過して浜松インターまで


一路キャンプ場へ・・
 

出発時間も遅かったので、高速インターを降りてからも途中の買い出しの「遠鉄ストアー」と、

道の駅のトイレ休憩だけで、途中の寄り道は無しで一路キャンプ場へバイクを走らせました。


静かな宴・・?!

明るいうちにキャンプ場について、友人が待つテントサイトへ・・早速テント設営をして 夕食の準備に、

テントサイトに灯るガスランタンの横には、キャンプで威力を発揮する「ダッチオーブン(スキレト)」が!

今夜の夕食を提供してくれる・・どんな風にお腹を満たしてくれるかは何かな? 調理の腕でも無く・・

食材の良さでも無く・・ただ「ダッチオーブン(スキレト)」の言い成りだけを聞いて、待っている僕でした

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・・っとい言う事じゃ無くて、テントサイトでは「大阪の人・名古屋の人・神奈川県の人」そしてこの僕で

楽しい夕食を一緒に頂きました・・食事中もここでは書けない皆の楽しいエピソードやトラブルの話も!

お腹が痛くなるほど大笑いする話、お腹を満足させてくれる食事、そして今宵を酔わせてくれるお酒と

終わりの無い愉快な歓談だったが、11時前には睡魔が襲ってきたので後ろ髪を引かれながら寝袋へ


イベントの前に・・
 
 

朝の起床は、カラスの鳴き声と朝日の日差しで目覚めました・・テントサイトには屋根は無く直射日光が!

この暑さを回避する為に、キャンプ場の前の県道286号線(秋葉街道)を気田川沿いに走って、ツーリング

アウトライダーのイベント受付はお昼の12時なので それまでは時間があるので・・近所の散策いたします


天竜スーパー林道・・
 

県道285号線〜一度国道152号線に出て国道沿いの大きな灯篭・・これが「天竜スーパー林道」の目印

そして「秋葉神社」に行く入り口でもあります・・ここから水窪ダムまでの約50kmの距離が スーパー林道

ここに来る前にGSで「天竜スーパー林道」の事を聞くと現在は全線 舗装道路だとか、その昔は砂利道で

全線舗装路になってからは、ほとんどバイクが来ない様になったと・・スタンドのおじさんも 嘆いていました


秋葉神社・・
 
 

スーパー林道に入ってから、すれ違う車も無くなだらかな道を走って・気が付けば「秋葉神社」に到着です

駐車場の横にある 鳥居から見える「本殿」方向は遥か先に・・歩くのも辛いので、鳥居横の車道を入って

「神門」の所まで行って境内(本殿)に入ろうと思ったが、時間の関係で・本日はここまでにしてUターン!


天竜の森・・
 

秋葉神社を後にして再び「スーパー林道」を走って行き・・標高1000mを越える「天竜の森」に着きました

この森は、中央アルプスや御岳山も一望できる展望の良いところ・・今日の晴天に見る絶景は久し振り!

ご褒美とも思えるほどの風景は・このまま時間が止まっていても良い位の「まったり気分」で、暫しの休憩


みさくぼの名水・・
 

山住峠に着いたのは11時過ぎ・・このまま林道を走って「水窪ダム」に行くとアウトライダーミーティングの

受付に間に合わない事になるので、ここから国道152号線にショートカットして キャンププ場に戻ります!


オフィシャルミーティング・・
 
 
 

受付時間を30分ほど過ぎて、キャンプ場に戻ってきました・・今回の「オフィシャルミーティング」はいつもと違って・・

日帰りミーティングと称してます、でもこのまま残ってキャンプを楽しむってものもOK〜僕達のグループは「宿泊組」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

編集長の開催宣言を発してイベントのスタート・・まずは「○×クイズ」から、様々な問題を駆使して最後の最後まで

正解をして商品をゲットしたのは?友人の「おおたかさん」と「こけさん」が・・この僕は開始と共に撃沈して終了です

この後も「ジャイケン大会」がありましたが何回やっても1回か2回で敗退・僕には勝負運っていうものが無い様で!

この後はチャリティバザーやアウトライダーグッズが手に入る臨時店舗「旅具屋」も開店して多くのライダーで繁盛〜


皆で、ディナー・・
  

「アウトライダーミーティング」が終了して、次はキャンプ大会のスタート・・皆も様々な食材を持ち寄って調理に・・

この時期には欠かせない「秋刀魚」が一番手に皆のお腹を満たしてくれて・・次に々出てくる海産物や「おでん」

焼き肉やバーべキュー等イッパイです・・関西人(大阪人)の定番は何といっても、粉モンの王道「たこ焼き」も!


そして焚き火・・
 

お腹も満たされ、お酒もすすんで 体の一部にアルコールがイイ具合にまわってきたらキャンプの「メインイベント」

「焚き火」の開始です・・この時を待たずして寝れませんからね〜小さな火種から始まる神秘の世界?に突入〜

焚き火を皆で囲みながら、色んな話に盛り上がる・・この焚き火の「炎」は無限大! 笑い声の会話はエンドレス


朝になり・・
 
 

昨日とは違った朝日の温もり・・暑くも無くホンノリ柔らかい日差しも時間の経過と共に暑くなってきて

朝ご飯の時は、汗が滲むほどにも気温が上昇〜だけど片ずけるテントの空干しには最適の日差し・・

帰り仕度が整ったら、この秋葉神社に来た際・・帰りに行ってみようと思っていた所に行ってみます!


【 本田宗一郎・ものづくり伝承館 】
 
 
 


■  静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1112   開館時間  10:00〜16:30  ■

■ 休館日 月・火曜日〈祝日の場合は、水曜が休館日〉 TEL 053-477-4664 ■



本田宗一郎・・この人無くして僕のバイクライフは存在致しません、子供の頃に目にした「本田のナナハン」

バイク業界初の鮮烈デビューをして本田の名を世界に轟かせた「本田技研」 その本田の創設者でもある

本田宗一郎さんの功績を称える「ものづくり伝承館」に行ってきました。 館内に入ったら 色んな展示物や

宗一郎自伝等を観覧しました・・そして館内で多くの写真を撮りましたが、あえて 6枚の写真だけを選別!

もし機会があれば、この地(ものづくり伝承館)に足を運んで貰って 宗一郎さんの心を感じてもらいたいと・・

帰りも・・
  

「ものづくり伝承館」を見終わってからは、このまま浜松でお昼御飯でもと思いましたが、時間もまだ11時前です・・

今回の観光は伝承館以外は考えていなかったので、このまま帰りも東名高速道路から伊勢湾岸道路で帰ります。


いつもの・・
  

伊勢湾岸自動車道「湾岸・川越インター」を下りて・・そのままいつもの「大遠会館」へ海鮮丼を食べに行きます。

浜松でお昼を食べなかったのは・・実は海鮮物を食べたい気持ちが強かったので、無理してこっちの方まで来て

お昼御飯を頂く事に・・午後一時くらいに到着したがお店の外まで行列の人が! でも ここは人掃けがいいので

ちょっと待っていれば、この海鮮丼にありつけて・・今回の「連泊キャンプ・ツーリング」の〆となって終了〜です!



焚き火も仲間も熱いのが・・良い!

next

back