ツーレポ


梅雨明けツーリング・・


気象庁から発表された「梅雨明け宣言」 ジメジメから解放されて、いよいよ夏本番に突入いたします。

カラッとした青空と灼熱の太陽にも負けない体力を維持しなきゃ・・そうそう「お酢」って体に良いらしい

疲労回復効果もあるらしいそうで・・今日は知多半島(半田市)に行って、お酢の事についてお勉強!

梅雨明け宣言・・
 

数日前までは各地で猛威をふるっていた「大雨&ゲリラ豪雨」・・そして、梅雨明けが宣言されたら

目の覚めるような、この「晴天&猛暑」に・・今日も( E T C )の恩恵を受けて「伊勢湾岸自動車道」


渋滞・・
  

高速道路でありながら「湾岸・長島インター」の出口から数キロの大渋滞〜この車の先には「ナガシマスパーランド」が

幸いにも3車線の区間ですので大事には至らないですが・・渋滞の車の横を気をつけながら走行して「東海インター」へ


赤レンガ建物・・
 
  
 

高速道路を降りてから「西知多産業道路」を走って常滑方面に向かい、常滑からは知多半島を横切る様に半田市まで

国道247号線に入ってから前方左側に見える大きな建物が?国の登録有形文化財の旧・カブトビール半田工場です

この赤レンガ建物の壁には太平洋戦争時の機銃掃射の跡が残っています・・すごく歴史を感じます、建物の敷地内は

立ち入り禁止となってますが、年に数回の内部公開日があるそうです・ それ以外の日は今日の様に外観のみ見学!


半田市本社の・・

半田駅の東側にある「ミツカン酢」半田市本社の近代ビルディングです。

このそびえ立つ、この本社の横にある「博物館・酢の里」に社会見学・・


博物館 「酢の里・・」
 

ここに着いて中に入ると、博物館ガイド案内時間の5分前だったので 丁度良いタイミングでした・・

受付で名前を書いてから、皆さんと一緒に社会見学に行きます・・まずは酢についての説明から、


製造工程・・
 
 
 
 

案内係りの人と、製造工場に入って行きます・・建物に入ったら 「お酢」独特の鼻に来る匂いが!?

説明の中でお酢は酒造から出る「酒粕のリサイクル」から始まったそうで・・昔でも物を大事に使って

無駄なく消費していく精神は存在していたんです。


半田運河・・
 

「酢の里・博物館」のすぐ横が運河になっています・・この運河によって当時の海運事業を円滑に行ったんですね

そして運河の柵の所に映画「姿三四郎」のロケ地と書かれていました・・でも遥か昔の昭和17年の事ですけど!

ちなみに・・黒沢明監督のデビュー作・・さすがに大昔の映画なのでキャストの顔ぶれも、僕の知らない人ばかり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

半田市観光はここで終わり・・そして今からお昼御飯の為、海の幸を目指して知多半島の南側までワープします


「豊浜・鯛まつり」・・準備
 

途中県道を走って、知多半島のほぼ先端の豊浜まで来ました・・漁港の方を見ますと大きな魚が?7月24・25日の

「豊浜・鯛まつり」で担がれる鯛神輿の準備に取り掛かっています・・港(漁港)ではいたる所でこんな光景がイッパイ


市場食堂・・
  

新鮮な海産物がお安く買える「豊浜・魚ひろば」・・その漁港側にある「市場食堂」で御昼御飯を頂きます。

こちらに来たら何時も訪れます美味しいのも勿論ですが・・行列覚悟のお店です・・本日は「おすすめ定食」


どちらで・・
 

西知多産業道路から「伊勢湾岸自動車道」に入るか?そのまま走って国道23号線(名四国道)に行くか?

分岐点ギリギリの所まで走って、選択したのは時間短縮の「伊勢湾岸自動車道」でした・・この暑さですから



知多半島・・まだまだ楽しめそう〜

next

back