ツーレポ


奈良県グルメ&名所ツー


今の時代は何でも手に入るし、輸入流通等で何でも食べる事が出来る・・とても裕福な食事情です。

昔々の人々は・・色んな知恵や工夫などで食文化を発展させていって、伝統と言う物を継続していく

技術も培ってきました・とってもシンプルなこの細いそうめんにも、多くを語るものがあるんだと思う!

車庫から・・
 

目の前にある建物の中に、この2台のバイクを保管しているんです・・本当のところは、珈琲を飲みながら音楽を聴く

そういう計画で建てた小屋でした・・今はバイクとキャンプ道具、そしてオーディオ(CD)の保管場所となっています。

どちらにしようかと、御まじないをしたら・・今日はオンロードの「CBR600-RR」と出ましたので、それに従います!


最強コンビ・・
 

まずは名阪自動車道の天理まで行きます・・途中でのトイレ休憩は?以前であれば「道の駅・針」でしたが

ここ最近の駐車場事情に依ると、多くのライダーの集結が地元や四輪の人達に迷惑がかかっているようで

警察の注意指示も出ている事実で、それを見てからは「道の駅・針」には行かず・県境を過ぎた所に変更〜

その「高峰・SA」は小さいパーキングで人も少なく意外ノンビリ休憩できて・売店内を見ると「最強コンビ」が


三輪そうめん・・
 

天理インターから国道169号線を10Kmほど走れば「三輪そうめん・山本」に到着です。


 

店内は広いロビーで三輪そうめんの対面販売コーナーがあって・・家庭用のお土産から

期間限定や・贈答用そうめん、そして木箱の「重さ9kg 約180束入り」 お得サイズも!


 

更に奥に入って行くと・・ここで三輪そうめんを食べる事が出来る「三輪茶屋」があります。

夏期は(5〜9月)冷やしそうめん、冬期は(10〜4月) にゅうめんとして提供をしていてて


 

僕の注文したのは「冷やしそうめんセット」 そうめんに柿の葉寿司が付く・・お手頃メニュー

店内も、幾分上品さが感じられて・・静かな環境での食事はより一層〜美味しく頂けます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この後は、少し戻って「柳生」に行きます。

名阪自動車「天理インター」から「針インター」へ・・ここで国道369号線を笠置方面へと・・


柳生の里・・
 
 
 

ツーリングで何度かは柳生を訪れているが・・まだ行っていない(見たことの無い)場所が?

国道から外れた山の中にある「一刀石」です、予想以上に「大きい石」真ん中からパックリと

割れているというより柳生伝説の言うように「切った!」と言う感じで、僕にもそう見えました



インターネットで調査?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

伝説上では、柳生宗厳がある夜修行していると天狗が現れたので対決し、この天狗を一刀両断

その感触があったので戦いを止め、翌日その場に見に行ってみると、真っ二つに裂けた大岩が!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして学術的の見解として・・「花崗岩は地表に現れると風化にあい、潜在的に摂理現象が進行

時によっては急に亀裂が生じることもある、一夜たったら 岩石が真っ二つに割れていたという 話


一休み・・

この地に於いてピッタリのネーミングの「十兵衛食堂」で・・ひとやすみ!

定番ですけど、「十兵衛うどん」とか「十兵衛そば」なんかがありました。

休憩をして、ほてった体が覚めてから笠置町から月ヶ瀬経由で帰ります



麺も、剣も、極める事の難しさ・・

next

back