ツーレポ


新しい仲間・・


今年の初め辺りから色んなバイク屋に行ってバイクの選択や吟味を行っていました・・本命は「CBR900RR」だったのが・・

色んなサイトを見ているうちに選択の幅を広げて、今回のバイクに巡り合えましたお金がたくさんあれば「CBR1000-RR」

でも「1000」は手の届かない存在・僕の体格から行っても600がイイのかも、そして決め手となったのが「レプソルカラー!」

もし? これがノーマルカラーリングだったら・・買っていないし、またいつもの様にネット徘徊でバイクを探していたと思うんだ

行きは電車・・
   
   
   

バイクショップは大阪の大東市ですので近鉄特急で行きます・・ひとまず中心点の鶴橋まで移動〜

僕は煙草を吸わないので禁煙席希望だったが満車の為、乗り換え駅「中川駅」までは喫煙車両に

仕方なく乗っては見たものの 煙草特有の「ニコチン臭さ」が・一度は座席に座ったが我慢が出来ず

この臭さには勝てずに・・デッキに移動して乗り換え駅「中川駅」まで、立ったまま乗っていました。


中川駅から大阪の鶴橋までは「禁煙車両」で乗って行きました ・・・

教訓 ・・次回から乗る時は一便遅らしてでも「禁煙車両」にします。

鶴橋から・・
   

JR大阪環状線に乗り換えて京橋まで行き、更に片町線に乗り換えなくてはなりません・・鶴橋から離れていくほどに

乗っている人々が減って行く?・・段々と田舎に向かって行くような雰囲気の中、電車は走って行き「野崎駅」に到着!


降駅は野崎・・
   

ここには「野崎観音」があります、そこに寄り道してからバイク屋へ行きます・・そしてこの野崎観音は?

大昔の歌手「東海林太郎」が歌っていた「野崎小唄」は ここの事を唄っているんですよ「野崎参りは〜」


野崎観音( 慈眼寺 )・・
 
 
 
 
 
 

入口に着くと目の前に急な階段が・・思いっきり顔を上げるほどの急勾配が行く前に辛い重圧がくる?

ここまで来たんだから別に慌てること無く、ユックリと一段ずつ階段を・途中からは手摺りに手をかけて

上がりきって高台から見下ろす景色も・・辛い分だけ最高〜汗ばんだ顔にも冷やかな風が良い気持ち

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

バイク屋までは、この野崎観音から1キロチョットの距離です・・ここからまた、ぼちぼち歩いてきます!


バイクギャラリー阪奈・・
   
 
 

狭い県道を車に注意しながらテクテク歩いて・・到着したのはお昼前で、バイクの準備もOK!

お店の店頭に置かれていたバイクを見ると・・以前よりも ピカピカの状態になっているのも判る

今回購入に対しての交換部品は「前後タイヤ新品、前後ブレーキパット交換、エンジンオイル」

そしてエレメントの交換や プラグの交換まで色々と面倒を見てもらい、店で一通りの説明書類

最後にキーを貰い、三重まで帰ります・久し振りの「レースレプリカ・・」に 緊張が高まってきて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

バイクに跨ってみると以前乗っていた「CBR250-R」よりも、もっと深い前傾姿勢にビックリで

走り出したら 両手(手のひら)に体重が掛かるような状態・このままでクラッチやアクセル操作

ブレーキ操作は久し振りもあって キツかったが、走るにつれて体の方も順応してくれて順調に


これも過保護・・
 

トラブルも無く、無事帰宅しました・・駐車場にバイクを停めてまず清掃を

綺麗ですが細かい所の掃除(ふき取り)をしてから、バイクの置き場所は

部屋の中に入ってもらいました、これだけを見たら イイ感じなんですが?


 

右隣には、昨年購入した「XLR200-R」が先客で居ます・・この部屋は?

もうバイク部屋に変わっちゃいました・・もうこのCBR600RRで買い納め



これでバイクも買い納め・・かな?

next

back