ヒーロー健在・・


鉄人が生まれたのは・・1956(昭和31年) この僕が生まれたのは・・1957(昭和32年)

ただの偶然なのかは判らないが、同じ時代を共に過ごしてきた同志と言うのか・・それが今

世界の平和と正義を求めて 活躍する勇士「鉄人28号」が、この長田地区で立ちあがった!

寒さ対策+お洒落・・
  

冬のツーリング(通勤も)には、欠かせない「防寒グッズ(マスク)」ヘルメットをかぶる前に装着・・意外と面倒臭いんですが!

その反面走り出したら 効果抜群の威力が・・顔を寒さから防ぐが首にまである事で、このグッズを離せない理由でもあります


高速オンリー・・
 
 
 

自宅(三重県)から神戸に行くまでには、僕の苦手な大阪市内を横切らなくてはいけない!

田舎の道路事情にドップリ浸かってるもんだから都会の通行は・・あまり好きではないです

その為、今回に限り・・神戸までの往路だけ「高速道路・オンリー」で神戸入りを計画します

ルートは「名阪自動車道」で亀山〜松原まで・・そして松原JCT〜近畿自動車道で東大阪

その東大阪JCTから阪神高速「東大阪線13号」で阿波座まで走り・神戸3号線でスィッチ

神戸長田町近隣のインター「柳原 I C 」まで行って降車・・全て高速自動車道を走りました

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

阪神のインターを降りて国道2号線を走って「大橋4丁目」交差点を右折し新長田駅までの

ストリートの人の多さでビックリ・・駅前を左折して若松公園に・・立っていました「鉄人」が!


我らのヒーロー・・
 
 
 

阪神淡路大震災の復興のシンボルとして活躍している鉄人が全国に向かって神戸の街を盛り上げようとして立ちあがった!

KOBET鉄人PROJECTにて作られた鉄人28号モニュメントが昨年の9月末に完成〜今では神戸(新長田町)のシンボルに・・

この若松公園に多くの人達の姿が「鉄人28号」の勇士を見上げていました・遠くから見る、近ずいて見る、足元から見上げる

鉄人の表情も様々・・優しさも有り、たくまししさも有り、寂しさも有り・ただ力強く構えた姿は、元気な神戸っ子を見守ってます



●構造:鉄骨構造

●仕上素材:耐候性鋼板

●スケールデーター

高さ約15.3m(直立時設定18m)

         ウエスト周り約20m 顔の高さ約2.2m 

手の甲の幅約1.7m 足先の長さ約4m

●重さ 約50t(基礎重量 約150t)

●設置場所:若松公園

●原型制作:速水仁司

●設置:2009年8月建設開始 9月30日完成


〜KOBET鉄人PROJECTより抜粋〜


【 鉄人28号と昭和 】
 
 
 


■ ジョイプラザ DAIMARU  営業時間 10:00〜20:00 ■

■ 神戸市長田区若松町5-5-1  TEL 078-643-2951  ■



【懐かしの-あの時代の思い出・・鉄人28号と昭和のくらし展】この催しは2月15日(月曜)まで

若松公園に隣接している「ジョイプラザDAIMARU」の2階で行われていました・・鉄人を含めて

昭和時代の匂いがイッパイの空間でした・・玩具から駄菓子や、電化製品・・ホーロー看板等も

日本一短い・・
 

長田町から帰る方向の京橋付近にある「日本一短い国道」・・国道174号線・神戸税関前の【187.1m】

神戸港税関本庁前交差点 から 神戸市中央区税関前交差点 まで 写真で見ると、バイクが有る所から

奥の方に写っているピンク色の高架の奥までがこの国道174号線・・大声を出しても届きそうな距離です


帰りは下道オンリー
  

帰りは、高速無しの下道オンリー 往路を高速にしたのは目的地に行くまでの時間的なモノ

そして自分の肉体的(精神的)疲労を持たせない為の方法で・・帰りは、時間も気にせずに

夜までに帰れれば良いと言う開放感から・・慌てないでユックリと自宅まで安全運転で帰宅



昭和のヒーロー健在!

next

back