Profile


【名前】   occhan

【産地】   大阪  

【年齢】   ??歳

【職業】   会社員   

【特徴】   おっさん    

【趣味】   バイク・ツー 

【見た目】  若造りしてる

【好きな物】 旨いもん   

【嫌いな物】 マズイもん






僕が、バイクと知り合ってから・今までの、楽しい事・びっくりした事

色んなエピソード等をひとり言の様に、つぶやいています!



  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第一話・・・バイクとの出会い!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第二話・・・バイクの免許・取得!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第三話・・・バイクの初体験!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第四話・・・バイクの初ツーリング!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第五話・・・バイクとの生活!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第六話・・・バイクの再認識!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第七話・・・バイク熱・新たに爆発!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  第八話・・・バイクとの繋がり・そして友人!

  気が向いた時に、覗いてチョウダイ!  番外編・・・おっちゃんの、ひとり言です!





 第一話・・・バイクとの出会い!


もう〜何十年も前の事・・私が中学校を出て、家の家業を手伝っていた・何処かにチャンと
就職しなくては・いけないと思いながら2ヶ月程過ぎていった・そして新聞の求人欄の処に
某○○株式会社の就職にと事が運んでいき、無事!昭和48年6月に私は社会人になり
そして会社の寮に入る為、 大阪から遠く離れた三重県まで近鉄特急に乗り・駅を降りて
そこからタクシーで寮に到着して、玄関横の駐輪場に目をやると・・ビックリ!

そこには今迄僕が見た事の無い、溢れんばかりのバイクが所狭しと並んでいました・・!

今までは、大阪で生活していた為・僕には・カルチャーショック!一台二台は、見たことは
有るが、これだけの数は圧巻でした。その当時は、見る物全てが、初めてのバイクばかり
ホンダのナナハンやDAXなんかもあって・私は毎日飽きもせず楽しく見て過ごしてました


page top




 第二話・・・バイクの免許・取得!


会社の仕事にも少しずつ馴れてきて職場の人達とも仲良くなれて気持ちの余裕も出てきた
大阪に居れば無縁だった。 オートバイ免許に興味を持ち始めたのが、この頃からなんです
通勤には会社の送迎バスを利用していたせいか・あまり普通の日には不備はなかったが
会社の休みの時の外出には、 やはり動く物が必要になってくるのが感じられてきました!

そして職場の同い年の友人が警察署に行って原付の免許を取ってきたのを聞いてから・・
おぉ〜ええなぁ〜僕も欲しい〜なぁ〜! 友人に、原付免許取得の手続きの方法を聞いて
そして本屋へ原付免許問題集を買い勉強したのを覚えてます・これは問題と言うよりも?
クイズみたいで引っ掛け問題の集りですね? そして試験当日(管轄警察署)に行って、
受付を済ませ試験場で、筆記試験50問と睨みっこスラスラと・○×を書いていき終了!
係の人が別室へ行き・・その間、集計の待ち時間・皆んなの顔が色取りどりでした。 

そして係員が結果発表を持って御入場してきました。

係員・・「発表しまぁ〜す・・・!」

私・・・・「生唾・・ゴックン!」

     「ごぉ〜か〜ぁ〜くぅ〜ぅ・・!」

見事・・一回で合格しました!(当たり前か?)


page top




 第三話・・・バイクの初体験・そして「初ゴケ!」


原付免許も取って、これで僕も晴れてライダーになれましたとは言っても50cc のライダー
この免許取得の祝福に先輩が、【DAX・50】を・1万円で、プレゼントしてくれました!(喜)

今まで、乗った事の無い・バイクで「記念すべき・初体験」エンジンをかけて、会社の寮の
周りをグルグル走りました・おぉー快感! 自転車でしか風を切った事の無いこの感覚は
何なんだ?風を切る?いや風に乗っている感じが身体を痛感しているこの胸の高まりは
今まで味わったことの無い・・風と一体になって走っている〜! そして私の行動範囲も
日に々広がっていき・・寮でテレビを見る時間よりバイクの乗っているのが多くなってきて

馴れが生じて起きるのがトラブル(転倒)ですね!いつもの様に走っていて、狭い農道で
S字コーナー・若干のスピードが出ていて・・曲げリ切れずにそのまま真っ直ぐに・・?!
結果は記念すべき・初転倒です・・ハッハッハ〜

【教訓・その1】 曲がり角(道)では、充分・スピードを落しましょう!

page top




 第四話・・・バイクの初ツーリング!


30年以上前の事ですので印象に残っている部分や記憶が残っている事を思い出しながら
書く事になりますのであやふやな部分があるかもしれない?その時は、お許し願います!

どこで・どういう話しで行こうとなったのは覚えていないが夏の日友人と二人でツーリングに
テントを積んで能登半島一周ツーリングに! 僕はモンキー・友人はCB-50で、持ち物は、
スポーツ店で借りた・テントと着替え? その他はツーリングらしき荷物はなかったと思う!
早朝・おてんと様が上がる前に出発して、三重県〜滋賀県〜福井へと、バイクを走らした。

途中で非常に危なかったのは、峠道の、クニャクニャ道で・突然 リァがフワッ?となった!
瞬間・・後ろの荷物がありましぇ〜ん! 幸いに後続の車が居なかったのがラッキーでした
その後、金沢辺りから能登半島へと・・そしてまたアクシデントで、どうやって入ったのか?
友人と2人で能登道路を延々と自動車道路とは知らず走っていたのを覚えています・(笑)

そして自動車道の降り口で料金所の係員の人が・・

係員・・「お前ら!どっから入ってきたんや〜?」

私・・・・「えっ? いや〜知らんまに走っていて・・ええ道やな〜と思っていました」

係員・・「この道は能登道路で,自動車専用道路や! 原付は走ったらアカンのやど〜!」

私・・・・「どうりで・・ ものすごく気持ち良く走れました。」

     「どうもスイマセン!どうしたらいいですか?」

係員・・「もう・エエ〜判らんように出ていくんやで〜」

     「出口の付近は交番所があるから見つからん様に行きや〜」

私・・・・「とても優しい・良い人でした」・・でも、どうやって入ったのか?覚えてない?

その他はあまり記憶が薄れていたハッキリとは? 行った所は・【東尋坊】 【能登金剛】
【輪島】【曽々木海岸で海水浴】【別名・軍艦島の見附島】能登半島を1周して富山辺りで
キャンプして朝8時位から一路国道41号を走り続けました・そして今回最後のトラブルが

場所は覚えていませんが、この日は朝からズット雨で、国道を走っていたら・何か後ろの
タイヤがクニャクニャと振ってきて真っ直ぐ走れない・・あれっおかしいな〜路片に回避して
タイヤを見るとペッチャンコ「ガビ−ン!」パンクです!旅の途中の事で取りあえず友人と
思案して目の前のお店に入ってお願いして、バイクやさんに連絡してもう事になりました。
暫くして軽トラックが来てモンキーを乗せてバイク屋へ行って修理をしてもらいましたが!

ここでも思いもよらないアクシデントが 「ゲッ! お金が1000円チョットしかない??」

この当時、今みたいにキャッシュカードなんか無い時代です・ましてや見知らぬ土地では
どうしょうも有りません! モチロンまだ三重県までの、ガソリンのお金も必要なんですが 
困って・事情をバイク屋さんに、説明すると・お店の人が、また優しいい人で・・その時は
お金をいくら払ったのかは覚えていないけど、修理代にはならない金を渡したと思います
結局その日はパンを一個食べたのを最後に三重県まで帰リました。

初めてのツーリング、ましてや・原付で無計画での行程・・でも、能登半島一周をして
何よりも強く感じたのは、旅先での人達の親切・温もり・儲け無しの行動など、非常に

嬉しかったです!

【教訓・その2】 原付・自転車で、自動車専用道路を走らないようにしましょう〜!

かなり昔の事で、途切れ・途切れの記憶で書きました・・乱筆乱文お許し下さい!

page top

It is coffee break a little




 第五話・・・バイクとの生活!


バイク(原付)楽しさを知った僕は毎日の生活の中にバイクは離すことが出来ないように!
なっていきました・友人と、近所や渓谷や峠を走って楽しんでいる日々を、過ごしてました
そして・・また新たなチャレンジです!そう大きいバイクに、興味が出てきてしまったんです
私の時代の免許は大型と小型に分れているだけで350cc のバイクに乗って検定を受けて
合格すればナナハンに乗れるのです!大型免許に必要な情報を収集していると先輩が・

先輩・・「試験場に行って、何回もバイク検定を受けて行くより」

     「自動車学校の実技免除を受けた方が早いんとちゃう!」

私・・・・「えっ? それに行ったら、大型バイクの免許が貰えるの!」

先輩・・「まぁ〜・・チャンと教官の言う事さえ聞いとったら、検定も合格!」

     「その代わり・お金は三万くらい、いるんとちゃうかな?」

私・・・・「そんだけで、大型免許が貰えるんだったら・そっちの方が早いし確実やしな〜!」

先輩・・「そやろな・・試験所の検定は、たしか曜日が決まっているから」

     「会社を休まなアカンのとちゃうかな?」

私・・・・「会社を休み・試験所までの時間・その他の事を総合しても」

     「自動車学校の方がメリット有りやな!」

こういった経緯で、私は自動車学校に入校して実技や法令の講習を受けて最後の検定も
メデタク合格して私もこれで【ナナハン・ライダー】の資格を得りました。その後は警察署で
筆記試験を受けて新しい免許を貰います・・免許書を取りに行った時も嬉しかったですが!

この後2年後だったか?バイク免許の改正で今までの【大型・小型】の免許制度が変わり
【大型・中型・小型】と3分割に分かれました・取得のタイミングが良い時代良いというか!
僕が、生まれた時代がヨカッタというか?いずれにせよ・私にとっては、結果オーライです!


page top




 第六話・・・バイクの再認識!


このような状態は、結婚するまで続きましたが、どこの家でも多分同じだと思いますが!
子供が出来て、家の用事をしたり子供の世話をしたりなんかで、今までの生活から少し
バイクが徐々に離れていくんだと・私自身ひしひしと実感していましたどちらが大事か?

と天秤にかけるほどではなく、家庭と言うのはジャンルの違った・独立した 【強固の物】
だったんですね? でも!子供が幼稚園に上がる位の時に、通勤用としてバイクを買い
ホンダの「CB 250-RS」を乗っていましたが、ツーリングに行くわけでもなく毎日を過ごし

本当に通勤だけしか乗らないバイクになってました。でも時折大型を買おうと思った時も
無きにしも有らずバイク免許の、3分割の影響で400cc 以上のバイクの市場の価格は!

異常なくらい安価でまわっていたで一時は買おうかな〜とっ? でも相談すると、車検で
費用が掛かるので・鶴の一声駄目〜私自身もそれほど強い欲望も無かったのは事実で
バイク熱はあまり強くなかったと思ました。その後は、ホンダのバイクお金のかからない
250 cc のバイクばかりを乗り換えていました・・そう言っているうちに、自然に時間だけ
確実に流れていくのです!気が付けばあと数年で50歳?


page top




 第七話・・・バイク熱・新たに爆発!


いままで、燻つていた?いや・消えかかっていた!バイク熱が再発してしまう事になった!

それは3年前の6月に起こりました! 山口県に行っている息子が、大学の通学をカブで
行っていたんですが・バイク中型免許を取ったのを聞いてこの機会に免許を取得したので
あればすぐに中型バイクを乗らないと駄目だと、私が言い出し、私のCBR-250 R を貸して
あげる事になりました。三重県から山口県にバイクを渡しに行きます・・大阪(阪九フェリー)
〜門司港〜山口へ・バイクを渡し私は息子のカブで帰ってきて、結局私はカブで通勤する

派目になってしまいまい、当初は気にはしていなかった・バイクのストレスが溜まっている
のに気が付いてCBR-250で通勤だけしか乗っていなかったのに・別にツーリングも行って
いない・そんな状態でも、中型のバイクには乗っているので微量ながらも、満足感は有った
んでしょうね? それが急に原付のカブに! 別に、50 cc が悪いと言っているんじゃない
んですが?心に秘めていた・バイク熱が、今回のことで再び燃えはじめてきたんですね!
カブに乗って感じました・通勤して一週間もしないうちにバイクショップに置かれていました

中古車の CB 1000-SF が気に入ってしまい・・・

即決定!私は誰にも相談もせずに買ってしまいました。

【教訓・その3】 自分が、欲しいなぁ〜と思った物(時)は、

          誰にも相談をしないで? 買ってから言いましょう!


page top

A sacred lot




 第八話・・・バイクとの繋がり・そして友人!


思い起こせば、憧れのビックバイクです! 免許(大型)を取った時もナナハンは買う事は
出来ずその後も縁が無いというか?自分の思いが足らなかったと言うのか!結果的には

今まで乗ることは無かった!でも? 息子の事から繋がっていって自然に、CB1000-SFを
乗るようになっていった次第です。7月に買って、8月のお盆休みには早速と・四国一周の
ツーリンブに行ってしまい今まで、私の身体の中に溜まっていた・モヤモヤを振り撒いてき
ました。 ここからが、私の第二期・ライダーの初まりです・・!そしてバイクライフを堪能し
ていた時、後輩が新しくパソコンを買ったので古いの使いません?と私にお古のパソコンを

タダでくれ恥ずかしい話ですけど、私は・この歳まで一度もパソコンを触った事も使った事も
なかったので、貰ってもチンプンカンプンでした!そうやって触っていくうちにインターネット
でバイクのホームページを知る事に・・そして掲示板から、いろんな友達が出来ていって

そして、この私までも自分のホームページを作り・今までの活動範囲をさらに躍進させ!
今は全国の友達が出来るようになりこれからも、バイクライフが一層、楽しいものになって
いまからは、歳を取るんではなく!年輪を重ねていっていく・そんな気がします!

【教訓・その4】 楽しい日々!今この時が遊び時です・・・

          躊躇無く、実践致しましょう!・・「後悔・先に立たず!」






まぁ〜! こんな感じですわ・・? 宜しゅう〜頼んます!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Go`ing a "Bochi bochi "